韓国ドラマ「王は愛する」

韓国ドラマ「王は愛する」

高麗時代を舞台に三人の男女の甘く切ない愛と 固い絆で結ばれた友情を描くラブロマンス時代劇!

★「ミセン‐未生‐」で俳優として頭角を現したイム・シワンの軍入隊前最後の出演作!
★日本でも高い知名度と人気を誇るアイドルグループ少女時代のユナをはじめ「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」での好演が記憶に新しいホン・ジョンヒョンなど豪華キャスト出演!
★大ヒット作「シンイ-信義-」「太王四神記」の脚本家、ソン・ジナ最新作!

全20話 (韓国 2017年)

放送情報

loading
J:COMでアジアドラマチックTVを見るのがお得な4つの理由

番組内容

第25代高麗王の息子ウォン(イム・シワン)は、美しい容姿と知性にあふれ、大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主だが、母親が元(げん)のフビライ王の娘であったため、父親から忌み嫌われ警戒されていた。政に興味を持たず、権力争いも嫌い、いつも親友リン(ホン・ジョンヒョン)と過ごしていた。ウォンにとってリンは、家族よりも心を許せる存在であり、一生を共にすると誓った特別な存在であった。リンは、友でありながらも護衛としてウォンを誰よりも近くで支えていた。 ある日、二人は身分を隠し王宮の外に出かけ、高麗一の大商人ウン・ヨンベクの妻が何者かに殺されるところを目撃する。殺された女性の娘であるサン(ユナ)は幸い難を逃れる。一方、ウォンとリンは、サンの母親が亡くなる直前に残した娘への遺言をサンとは知らずに伝える。これが三人の出会いだった。 7年後、ウォンとリンは美しく気高い女性に成長したサンと再会する。 三人の間には友情が芽生えるが、ウォンは次第にサンに恋心を抱き、リンもまたサンに密かに想いを寄せていく。永遠に続くと信じていた二人の友情がはからずもサンによって崩れ始め…。

演出

キム・サンヒョプ「トンイ」「華麗なる誘惑」

脚本

ソン・ジナ「シンイ-信義-」「太王四神記」

出演

イム・シワン「名もなき野良犬の輪舞」「ミセン‐未生‐」
ユナ(少女時代)「THE K2」「コンフィデンシャル/共助」「ラブレイン」
ホン・ジョンヒョン「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」「ママ~最後の贈りもの~」

  • SOJISUB JAPAN OFFICIAL FANCLUB
  • ハ・ジウォン ジャパンオフィシャルファンクラブ
  • ヨン・ウジン ジャパンオフィシャルファンクラブ

©2016 Shanghai GCOO Entertainment Co.,Ltd.All Rights Reserved. ©CJ E&M Corporation, all rights reserved. ©2016MBC ©2015 MBC Licensed by KBS Media Ltd.@2016 KBS.All rights reserved シーズン#1~#12:©2016MBCシーズン#13~#14:©2017MBC ©STUDIO DRAGON CORPORATION ©2015 China International TV Corporation.All Rights Reserved. ©CJ E&M CORPORATION, all rights reserved. Licensed by KBS Media Ltd. © 2017 KBS. All rights reserved ©Solasia Entertainment Inc. ©PPLIVE CORPORATION ©Beijing FengMang Culture Communication Co., Ltd. © So-net Entertainment .All rights reserved. ©2017 RaemongRaein Co., Ltd. All Rights Reserved Based on the Original movie <My Sassy Girl>©Sincine ©2016 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED ©U-story9 & ICBN ©2011 CJ E&M CORPORATION, All Rights Reserved. ©Hangzhou Dimensional Culture& Creativity Ltd.All Rights Reserved © CJ E&M Corporation, all rights reserved ©2017 Wild Fire Entertainment ©SBS Licensed by JC&Associates Co., Ltd/ IROON EntertainmentCopyright©IROON Entertainment ©Seoul Drama Awards Organizing Committee ©leofish